ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長らくお待たせしていた2013年映画ランキング 最後を飾る『ゼロ・グラビティ』の感想をいってみたいと思います。もうあちこちで感想が書かれていますし、今更感の中で映画語るのはとっても緊張します。未見の人は早く劇場に足を運び、リアルタイムで追体験してほしいと切に願います。

まず、いろいろ上映形式がある中で群馬はイオンシネマ太田を除き3D映画はすべて吹き替えなので、字幕3Dを捜しました。そして、どうせなら2013年最後に観賞する作品としたためIMAX3Dを選択し、群馬から1時間30分かけて、109シネマズ菖蒲まで遠征しました。高速代だけで2800円、IMAX3Dは割引が適用にならないため、大人ふたりで鑑賞料金4400円の高額出費。でも、リアルタイムで観れてよかった・・・それだけは言えます。

あらすじ(ウィキペディアより) ネタバレあり、未見の方は注意

医療技師を務めるライアン・ストーン博士は、スペースミッションに初めて参加する。ライアンは指揮を務めるマット・コワルスキーとシャリフと共に、宇宙空間での船外活動を行うところから物語は始まる。

ヒューストンの管制から、膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近しているため、船内に避難するよう緊急連絡が来る。ロシアが自国の衛星を破壊したところ、他の衛星も連鎖的に破壊され、宇宙ゴミが拡散してしまったという。スペースシャトルが宇宙ゴミと衝突し、2人は宇宙空間に投げ出される。ライアンは錐揉み状態のうえ、現在位置を特定できなくなる。パニック状態の過呼吸で、宇宙服の酸素も少なくなる。だが、マットは的確な指示を出し続け、ライアンを自分の身体に固定することに成功する。

ヒューストンに無線で連絡するが、応答がない。めげずに無線連絡し続ける。2人は頭部を宇宙ゴミが貫通して死亡したシャリフの遺体を回収しスペースシャトルに帰還するが、居住区画も大破し、作業員の遺体が無重力で漂っている。2人はスペースシャトルをあきらめ、ISS(国際宇宙ステーション)に向かう。

ライアンの宇宙服の酸素がさらに減っていく。マットはライアンを励ますため、家族の話をするが、娘は4歳の時に幼稚園で事故死したとライアンは答える。

ISSも破損し、地球帰還のための『ソユーズ』宇宙船は1機がすでに離脱、残る1機もパラシュートが開いてしまっている。マットは地球帰還は無理だが中国の宇宙ステーション『天宮』へ向かうことを決心し、ISSに取り付こうとする。しかし、衝突した反動でマットとライアンは宇宙空間に放り出されてしまう。ライアンは辛うじてパラシュートのロープに引っかかり、マットにつながっているロープをつかむ。しかし、マットはロープを離すよう指示、ライアンは反対するが、マットはロープのフックを外してしまう。マットは宇宙空間の深遠に漂流する間、通信が途切れるまでライアンに語りかける。

ライアンは意識朦朧としながらISSの居住区画に入り一息つく。しばらくしてISSで火災が発生する。ライアンは消火しようとするが、爆発が起き、ソユーズに退避して隔壁を閉鎖し事なきを得る。ライアンはソユースをISSから離脱させるが、パラシュートが絡まり、うまく離脱できない。ライアンは船外に出てパラシュートを外す。すると、再び膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近し、ISSを大破させる。

ライアンはソユーズを発進させようとするが、燃料切れでエンジンが作動しない。AM無線で救助を求めると、地球の電波を拾ってしまい、アニンガとつながる。アニンガは赤ん坊をあやし、ライアンは死別した娘を思い出す。ライアンは死を覚悟し、船内の酸素供給を止め、目をつぶる。

突然現れたマットが船外から中に入り、ライアンと再会する。マットは酸素供給を再開させ、希望を捨てないようライアンを諭す。マットは着陸時の逆噴射装置を利用して天宮までの推進力とするよう助言する。ライアンが気づくと、マットは幻だった。ライアンは酸素供給を再開させ、着陸船を分離、逆噴射エンジンを作動させて着陸船を天宮に向かわせる。

天宮は高度を下げつつあった。ライアンはソユーズ着陸船を出て天宮に到着し、宇宙船『神舟』に乗り込む。漢字のコンソールに苦労しつつも、神舟の起動に成功。天宮は神舟とともに落下し、分解して神舟は切り離される。ライアンはマットや死別した娘に祈りをささげる。

神舟は大気圏に突入し着陸船が分離、パラシュートが無事に開いて湖に着水する。ライアンはハッチを開くが船内に浸水し脱出する間もなく水没、ライアンは水中へ脱出する。ライアンは泳いで陸に到着、地球の重力を存分に感じながら立ち上がり、物語は終わる。



[■【映画】『ゼロ・グラビティ』 IMAX 3D 新作映画批評 ネタバレあり ]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : ゼロ・グラビティ, 新作映画批評, ネタバレあり, スピンオフ, アニンガ, ,



2014年スタート企画 正月映画として洋画邦画対決として『永遠のゼロ』と『ゼロ・グラビティ』は絶対に観たい映画としてピックアップしていたのですが、『ゼロ・グラビティ』は3D映画としてIMAXで観賞したいと考えているため、先に『永遠のゼロ』を観賞してきました。

原作は350万部を越える大ベストセラーで話題性も十分(作者は放送作家の顔を持つ百田直樹氏)。映画版は映画『ALWAYS 3丁目の夕日』の山崎貴氏が監督。オタキング 岡田氏が発行しているメルマガでこの作品を大変褒めていたし、予告編に出てくるゼロ戦のVFXが相当迫力があったので凄く期待して観に行った。

過去(太平洋戦争時代)と現在が交差する変則的な物語構造であるが、初見でもほぼ内容が理解でき、観賞後誰かと語りたくなる優れた作品であった。後半、本来は1つのシーンを人物を変えて2度語り直す手法など、一昨年映画賞を総なめにした映画『桐島、部活やめるってよ』でも用いられた演出なども使われていて、ポップな感じ。全体を通して観ても戦争に負けていく悲壮感と言うより、祖父の死に纏わるサスペンス色がやや強めの戦争映画なので、推進力は高い。

観賞後、涙は出なかったが血が熱くなったり、色々考えさせられたし、日本人として精一杯生きる、ということをあらためて考えさせられた映画だった。予算と製作スケジュールの関係で、確かに白昼のゼロ戦の描写でおかしなシーンもあるけれど、いろいろ心に響く作品なのは間違いがない。戦後を生きる日本人だから観てほしい作品。絶対に観賞料金以上の感動は貰えるはず。

あらすじ ウィキペディアより(これは小説版になるが映画版も基本プロットは同じ)

大学生の佐伯健太郎と、出版社に勤める姉の慶子は、亡くなった祖母・松乃の四十九日から暫くした頃、祖父・賢一郎から実の祖父の存在を知らされる。 「お前たちの母・清子を連れて松乃は太平洋戦争後に私と再婚した。お前たちの実の祖父は、松乃の最初の夫で終戦間際に特攻で戦死した海軍航空兵だ」――。

それから6年後、司法浪人が長く続き人生の目標を見失っていた健太郎は、フリーライターとなった慶子から、新聞社で主宰される終戦60周年記念プロジェクトの協力を頼まれる。プロジェクトを進める高山は、神風特攻隊のことをテロリストだと語るが、祖父の話もありその考えに釈然としない慶子は、このプロジェクトに際して特攻隊員だった実の祖父・宮部久蔵のことを調べようとする。姉弟はわずかな情報を元にその足取りを追い始めた。

戦闘機搭乗員としてラバウル航空隊で一緒だったという男は、久蔵について「海軍航空隊一の臆病者」「何よりも命を惜しむ男だった」と姉弟に蔑みの言葉をぶつけた。健太郎は元戦友から初めて聞く祖父の話に困惑し、調査を続ける気を無くしていたが、母から健太郎と同じ26歳で亡くなった父・久蔵がどんな青年だったのか知りたいと改めて頼まれ、更に手がかりとなる海軍従軍者たちを訪ね歩く。だが、生前の久蔵を知る者達の語ることはそれぞれに全く違っており、調べるほどにその人物像は謎に包まれていた。戸惑いつつも二人は、国のために命を捧げるのが当然だったと言われる戦時下の日本と、そこに生きた人々の真実を知っていく。

凄腕のゼロ戦乗りで、卑怯者と誹られても、「娘に会うまでは死なない」と松乃との約束を守り続けていた久蔵は、なぜ特攻に志願したのか? 終戦60年目の夏に、長きにわたって封印されていたその壮絶な生涯と驚愕の事実が明らかになる


[【映画】『永遠のゼロ』 新作映画批評 ネタバレあり ]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 永遠のゼロ, 新作映画批評, ネタバレあり, 口コミ, ,

第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した映画『そして父になる』。抱かれたい男ナンバーワンの福山雅治氏がイクメン映画に出ることで話題になり、しかも是枝監督なので傑作の匂いが濃厚。台湾に一時帰国をしていた妻 瑠沙を待ち、本日やっと観賞してきました。

結論から先に言うと、抑制の効いた演出とナチュラルな芝居のアンサンブルが織り成す物語は、非常に完成度が高い。不覚にも、終盤は涙がとまらなかったし、作品を観終わってからも大きな宿題を貰った気がした。ドキュメンタリー出身の是枝監督の映画は派手さはないけれど、人間の本質がしっかり描けているので、。

物語後半で、感動がMAXに高まる“あるシーン”があるが、あそこは泣いたね・・・。完全ネタバレだけど、映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のキスシーンが流れる最後のシーン、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』の子供時代のビデオを見返すシーンに匹敵する俺の中で3大泣き映画に決定。

効果的に1眼カメラが作品アイテムとして使われているが、終盤に重大な役目を果たしています。しかも、そのシーンは作品全体に流れる大人目線から子供目線へと物語を転換させていて、ミラクル演出!!。子役たちを含め、役者の演技がそれぞれ素晴らしいので、緻密に計算された演出に気づかない人も多いだろうが、子供が成長していく姿が、台詞のひとつ、動作のひとつを通じて、初見では見逃してしまうほど自然に、時間の経過を経て演出されている。素晴らしい。




あらすじ(ウィキペディアより)

野々宮良多(福山雅治)と妻みどり(尾野真千子)の間には6歳になる一人息子・慶多(二宮慶多)がおり、家族は幸せな日々を過ごしていた。

そんなある日、慶多を出産した病院から「重要なお知らせがある」と呼び出される。出生時に子どもの取り違えが起き、実の息子は慶多ではなく、斎木家の琉晴(黄升炫)だというのだ。

ショックを受ける良多とみどりだが、取り違えられたもう一組の家族、斎木雄大(リリー・フランキー)・ゆかり(真木よう子)と対面した良多とみどりは、「子どもの将来のために結論を急いだ方がいい」という病院の提案で斎木家と交流を始め、病院を相手取って裁判を起す。

6年間愛してきた他人の子どもと、血の繋がった実の息子。子どもを交換するべきか、このまま育てていくべきか、葛藤の中で良多はそれまで知らなかった慶多の思いに気づくのだが・・・。


関連記事

関連タグ : そして父になる, 新作映画批評, 福山雅治, 口コミ, ネタバレあり,

The Chronicle - Movie Poster

2週間期間限定上映の映画『クロニクル』を観賞。しかも鑑賞料金1000円の太っ腹企画。内容を簡単に説明すると、大友克洋の漫画原作モノをハリウッドが本気で実写化したら・・みたいな映画。群馬県内でスマーク伊勢崎にある映画館しかやっていなかったので、わざわざ遠征して観てきた。

でも、前評判通り観た価値あった。タイトルは勇ましいが大味な映画が多い2013年度公開作品の中で、僕個人の暫定1位。内容もさることながら、見せ方が最初から最後まで圧倒的にパワフルで、後半の“超能力”を感情で抑えきれなくなったアンドリューが暴走するところなど、思わず『マン・オブ・スティール』と比べてしまった。



あらすじ(ウィキペディアより)

平凡で退屈な日常生活を送る3人の高校生アンドリュー、スティーブ、マットは、ある日、特殊な能力に目覚める。雲の上まで飛んでアメフトをしたり、手を触れずに女子のスカートをめくったり、3人は手に入れた力を使って刺激的な遊びに夢中になっていく。しかし、そんなある時、あおってきた後続車両にいら立ったアンドリューが力を使って事故にあわせたことから、3人は次第に自らの力に翻弄され、事態は予期せぬ方向へと発展していく。



[【映画】『クロニクル』 新作映画批評 ネタバレあり 超能力と友情どっちが大事?]の続きを読む
関連記事

関連タグ : クロニクル, 口コミ, 新作映画批評, ネタバレ,

Elysium Movie Review

アクションもこなせるし、繊細な演技を求められる作品でも確かな演技力でキャリアを積み重ねてきたマット・デイモン主演、宇宙人が地球に移住してくる奇想天外な映画『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督作。前作『第9地区』は数年前に台湾に向かう機内シアターで観賞したのだが、今作はきちんと劇場観賞。

21時過ぎの回であり、地方の映画館では小さなスクリーンに追いやられていたので、見る前からブルーな気持ちになった。しかし、画面の作りこみがハンパなく、SFガジェット満載で、どんどんテンションが上がる面白映画でした。テーマも地球に住まう貧乏人とスペースコロニーで暮らす富裕層との貧富による格差を扱っており今日的。ジョディ・フォスターが老けたなぁ・・・というショッキングなおまけとアメリカのTVドラマシリーズ『プリズン・ブレイク』のアレクサンダー・マホーン役のウィリアム・フィクナーが出ていて吃驚した。



あらすじ(ウィキペディアより)

2154年、大気汚染や人口爆発によって地球上の生活環境は悪化している。少数の富裕層は衛星軌道上に建造されたスタンフォード・トーラス型の宇宙コロニー「エリジウム」へ移住。高度な科学技術により老いや病から解放され、水と緑にあふれた理想郷で暮らしている。

一方、荒廃しスラム化した地上では、大勢の人々が貧困に喘いでいる。市民はエリジウムの生活に憧れ、密航を企てる者もいるが、デラコート防衛長官(ジョディ・フォスター)は反移民法を敷き、アーマダイン社製ロボットや傭兵を配して侵入者の排除に努めている。

そんな中、ロサンゼルスに暮らす工場労働者のマックス(マット・デイモン)は作業中の事故により余命5日と診断される。マックスはエリジウムの先端医療に希望を求め、闇商人スパイダーとの取引に応じてコロニーへ向かうが、謀略に巻き込まれる中で不平等なこの世を正すために立ち上がる。

[映画『エリジウム』 新作映画批評 ネタバレあり カバになった貧乏人]の続きを読む
関連記事

関連タグ : エリジウム, マット・デイモン, ネタバレ, 新作映画批評,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。