【映画】『マン・オブ・スティール』 新作映画批評 大味なアクションと人間味が薄れていく脚本

ここでは、「【映画】『マン・オブ・スティール』 新作映画批評 大味なアクションと人間味が薄れていく脚本」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
man-of-steel-poster-movie-film-superman

残暑厳しい群馬県。夏バテ気味の頭をリフレッシュしようと1000円均一映画デーに映画館行ってきました。本日観賞した映画は、『スーパーマン』を21世紀にリブートした『マン・オブ・スティール』。アメコミヒーロー映画もマーベルだったりDCコミックであったり、次から次に新作が出てくるが、出来のいいものがある一方で不出来も増えている気がするので、不安半分。まともに“スーパーマン”シリーズを一本も見たことがない“スーパーマン”弱者な俺。バットマン3部作に続きクリストファー・ノーラン イズムが注入され、世界中で大ヒットを記録した新訳『スーパーマン』の評価は果たしてどうだったかと申しますと。



あらすじ(ウィキペディアより)

地球から遠く離れた惑星・クリプトン星。人々は機械によってあらかじめ目的を刷り込まれた状態で生み出されるこの惑星にて数百年ぶりに自然出産による男の子が産まれた。クリプトン星の住民は高い文明を持つ社会であったが、星は長年に渡る採掘行為のために、内部崩壊の危機にあった。科学者のジョー=エル(ラッセル・クロウ)はエネルギー採取のための掘削の中止を訴えてきたが、元老院は耳を貸さず、遂には星の爆発が目前に迫ってしまう。ジョーはもはやクリプトン星と民が助かる道はないと悟り、新しい星の開拓を提言したが、軍事担当でジョーの友でもあったゾッド将軍(マイケル・シャノン)がクーデターを起こす。ゾッドはジョーに協力を求めるが、ジョーは拒否し、その場を逃亡。途中でコデックスという謎の物体を盗み出し、妻のララ(アイェレット・ゾラー)と産まれたばかりの息子のもとへ辿り着いた。そしてコデックスを息子と一体化させ、地球へ送ることを決意する。ララは涙ながらに別れを告げ、ジョーは希望と夢を息子に託す。そこに現れたゾッドに、ジョーは息子を守るため自らを犠牲にして立ち向かい、命を落とす。息子の転送が完了し、夫の遺体にすがるララはゾッドに、あの子の名前はカル=エルだと告げる。結局、ゾットらのクーデターは失敗。元老院は彼らを惑星追放の刑に処し、宇宙の墓場である『ファントムゾーン』へ送る。それから間もなくしてクリプトン星はジョーの提言通り崩壊を起こし、ララや元老院の人間を含む星の住人は死に絶える。

地球に流れ着いたカル=エルはカンザスでジョナサン・ケント(ケビン・コスナー)とマーサ・ケント(ダイアン・レイン)夫妻により養子のクラーク・ケントとして育てられる。時は流れ、青年のクラーク(ヘンリー・カヴィル)は、世界中を旅をしていた。幼い頃より自身が特殊な能力を持っていて、ケント夫妻とは血が繋がっていないことも理解していた彼は何処に行っても疎まれ、居場所がなく孤独だったが、既に他界した父ジョナサンから自分は何者で何の目的で地球へやってきたのかを知るべきと話されており、手掛かりを探していたのだった。そんな時、南極でクラークが地球に訪れる遥か昔に地球に漂着したクリプトン星の探査船が発見される。彼は調査隊の一員になり済まして現場に向かい、探査船に乗り込んだ際にガードロボットによって負傷させられたジャーナリストのロイス・レイン(エイミー・アダムス)を助けると探査船へ乗り込み、そこで起動したコンピューターで実の父であるジョーの意識プログラムとの邂逅を果たす。自分の正体を知り、自分の力を地球の人々のために使うと決め、旅を終えて母マーサの元へと戻るクラークであったが直後に地球の衛星軌道に謎の宇宙船が飛来し、地球全土へ向け、発信が行われる。「地球人に紛れた我々の裏切り者を差し出せ」と。その正体はクリプトン星より追放されていたゾット将軍とその一味であった。クリプトン星崩壊のショックで『ファントムゾーン』より脱出に成功したものの、帰る星を失ったゾットらはかつてクリプトン星の人間が入植のために調査していた惑星群を放浪しながら装備を整え、クリプトン人の再興を行うためにコデックスを所持しているクラークを追っていたのであった。

地球を第二のクリプトン星にするべく、人類を滅亡に追いやろうとするゾッドにより世界に危機が訪れた時、クラークは地球と地球人を守るヒーロー、スーパーマンとして立ち上がる


監督はアメコミヒーロー映画『ウォッチメン』を手掛けたザック・シュナイダー。画面の色調は明らかに『ダークナイト』の流れを汲むダークな大人向けヒーロー映画の佇まい(いわゆるノーラン風)。序盤はクリプトン星崩壊前夜の出来事から、地球人として生きるカル=エル(地球名 クラーク・ケント)の苦悩を描く。少年時代からバスが橋から湖に転落して溺れる乗客を救ったり、育ての親から禁じられていた特殊能力をたびたび犯して人助けをしてきたクラーク少年。クリプトン星側の実の父親をラッセル・クロウが演じ(派手な服装しているので今にも歌い出しそう)、地球側の義理の父をケビン・コスナーが演じているが、とくにケビン・コスナーの枯れっぷりがいい味を醸していた。ハリウッドで一番農園の似合う男、貫禄の演技。嵐の日にある出来事があって、父親は亡くなるのですが、息子の秘密を守るために命を捧げる父親像に感動した。

スーパーマンが衣装をまとって飛翔するシーンは速さに驚いたし、中盤までは破綻も少なくワクワクして面白く見ていたのですが、市街戦が多発する後半のアクションは最初こそ驚きはしたものの不満が多い展開。

人間側がスーパーマンを理解していく過程の描き込み不足がとくに痛い。金は掛かっているが同じことが繰り返されているだけなので、まだ続くの、まだ続くの、と映画の長さを感じるようになり物語がひどく失速したのを感じた。後半の尺がスペクタクルな破壊を描きたいだけのアクション一辺倒に傾斜していくために、脚本も粗さが目立って、スーパーマンに半分備わっているはずの人間味が薄れていく。最後もヒロインとキスして終わりならまだいいのに、スーパーマンがクリプトン人を根絶しにして終わるようなラストでヒーロー映画としてはいささか暗すぎる。スーパーマンもスーパーマンで、敵との交戦一方で、市街戦やビル倒壊などにより巻き込まれた人々を救っていないし、人間側の味方をしているスーパーマンに対しても攻撃してくる知能レベルの低いアメリカ空軍。

次は、バットマンと共闘するようなので2作目からの巻き返しに期待したい。マーベルヒーローが結集した『アベンジャーズ』は雷様であったソーがパワーバランスを崩していたので、このあとDCコミックヒーローが結集する『ジャスティス・リーグ』までクロスオーバーが続いていくのであれば、パワーバランスの調整は必至と思われる。どう考えても、バットマンをベン・アフレックが演じるということよりも、スーパーマンの力は地球外生命体なので扱いが難しいと思うので。
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : マン・オブ・スティール, 新作映画批評, ネタバレあり, 口コミ,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/24(火) 12:03 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/17(火) 18:59 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/17(火) 13:56 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/14(土) 10:46 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/13(金) 12:21 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/10(火) 20:45 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/10(火) 18:24 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/10(火) 11:55 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/04(水) 17:19 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/04(水) 09:40 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1861-010a69e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。