【映画】2013年汐月歩夢 映画観賞ランキング 完全版

ここでは、「【映画】2013年汐月歩夢 映画観賞ランキング 完全版」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年度の映画館で観賞した映画ランキング。
一言コメントともども未見の作品があったら、ぜひ観賞の参考にしてください。

1位;クロニクル



思春期特有の危うさを最先端VFXをもちいて、ド派手な“超能力”描写に重ね合わせて描いた点を高く評価。一見、大友克洋漫画っぽいが、主人公が人間味を失って狂気にかられ暴走していくシチュエーションの裏に、崩壊した家族関係などが引き金になっていたりして深みを足しているところが偉い。エンターテイメントとしてみても一級品。

クロニクル [Blu-ray]クロニクル [Blu-ray]
(2013/12/04)
デイン・デハーン、アレックス・ラッセル 他

商品詳細を見る


2位;ゼロ・グラビティ IMAX3D 字幕版



映画『アポロ13』が大好きなのですが、その上を行く21世紀の宇宙サバイバル描写に脱帽。酸素が徐々になくなっていくシーンでは観客なのに心は主人公と一緒に息苦しくなったし、スペース・デブリが目の前に飛んでくるシーンでは思わず身体をのけぞらせて避けたほど臨場感抜群な演出。生と死が対になって語られる物語も素晴らしいが、青い星地球が何度も出てきてとても美しい映画だと思いました。リアルタイムで観れて本当によかった。群馬にないIMAXシアターを求めて埼玉菖蒲まで久しぶりに遠征したり、映画観賞行為そのものが素晴らしい映画の旅でした。

3位;そして父になる



子供を持つ親になった2013年で一番考えさせられた邦画。是枝監督の素人子役を抜擢し、自然な感じで作品に馴染ましていく手腕は世界で高く評価されるのも納得。何気ない1シーンが実は深い意味を持っていたり、会話の一言が重みを持っていたり、我々が暮らす日常の大切さをとても考えさせられた。最後の一眼レフを通して観る子供の視点には涙腺崩壊。

そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)
(2013/09/05)
是枝 裕和、佐野 晶 他

商品詳細を見る

4位;アイアンマン3

痛快でひたすら楽しい映画。パート3の物語はアベンジャーズを下敷きにしているが、変にアベンジャーズをひっぱていないところも好感が持てた。地下に籠ってDIYしていたアイアンマンスーツのコレクションが主人が絶体絶命のピンチに、一堂に会す終盤の戦い。また惜しげもなく、花火となり散るフィナーレ。最高です!言葉ないです。敵が、実は・・・なトホホな展開も現代のネット社会の怖さを反映していて、違和感なかったです。


5位;永遠のゼロ



縦糸には血の繋がっていなかった祖父が誰なのか?というミステリアスな展開と横糸には本当の祖父が特攻で死んだ太平洋戦争を時系列で理解できる作りになっている物語の構成が素晴らしい。これならおバカさんでも戦争の全貌を把握しやすいし、興味が続くだろう。。岡田准一は個人的に古風な顔立ちをしているので今回の映画にはハマり役だと思った。途中で出てくる現代の合コンがやたら参加メンバーのレベル高かったのが印象的。ゼロ戦のバンク(同じ場面の使いまわし)が多い点が気にはなったが、役者陣がみな熱のこもった演技をしているので、最後までいろいろなことを想いながら観賞した。

6位;ジャンゴ/繋がれざる者たち

クラウド・アトラス

探偵はBARにいる2~ススキノ大交差点~

アウトロー

エリジウム

LOOPER/ルーパー

桐島、部活やめるってよ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

風立ちぬ

フライト

グランド・イリュージョン

マン・オブ・スティール

ダイ・ハード/ラストデイ

パシフィック・リム

キャビン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1869-8a932dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。