【音楽】サザンオールスターズ「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE(ライブ)コンサート・レポート 日産スタジアム(ネタバレ、セットリストあり)

ここでは、「【音楽】サザンオールスターズ「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE(ライブ)コンサート・レポート 日産スタジアム(ネタバレ、セットリストあり)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ、入場です。
カメラチェックまったくなし。笑。

横浜アリーナのときはあったのに・・・
あと、ファミリー席というのが今回用意されてました。

最初に映像で出てきた小林克也氏の前説だったと思いますが
30年間といえば、
学生だった子もサザンを知り、
素敵な人と恋したり、恋破れたり、結婚したり、子供がいる年齢。

うーん、重いなぁ。

会場入ったのでハッピ着ました。

20080817174303.jpg

こんな感じで。

southernallstars_20080818010

場内はこんな感じです。



スクリーンにはずっとau KDDIのイメージビデオが流れています。海の映像と共にサザンの曲が色々かかっています。それと、【I AM YOUR SINGER】のイメージビデオが流れます。

カメラは開演前までは許されてます。写真でこの緑のシートの部分に秘密がありました。

開演は、ほぼ18時スタート。

最初に、地元横浜のマーチングバンド【YOKOHAMA ROBINS】の演奏があります。

ビートルズ日本公演前のドリフターズみたいなものか?たとえが古くて御免よ。

場内が暗くなって名DJである小林克也氏の軽妙な前フリがあります。
その後、サザンが登場。

アリーナ席はオールスタンディングで背が低いとスクリーンが見づらいしファンクラブの人が多いので初心者向きではないと思います

オープニングは『YOU』でした。

セットリスト。
ファンサイトでこまめな更新が人気のサザンオールスターズ.COMの掲示板より引用させていただいております。


<メインステージ>
01.YOU
02.ミスブランニューデイ
03.LOVEAFFAIR~秘密のデート~

MC

(04~25まではメドレー。ワンコーラスのみの演奏)

04.女呼んでブギ
05.いとしのフィート
06.お願いDJ
07.奥歯を食いしばれ
08.ラチェン通りのシスター
09.TO YOU
10.C調言葉に御用心
11.働けロックバンド
12.松田の子守唄
13.HelloMyLove
14.朝方ムーンライト
15.思い出のスターダスト
16.夏をあきらめて
17.Ohクラウディア
18.東京シャッフル
19.そんなヒロシに騙されて
20.あっという間の夢のTONIGHT
21.メリケン情緒は涙のカラー
22.顔
23.ByeByeMyLove
24.Melody
25.愛の言霊

ヒロシがドラムを叩きながら熱唱する『松田の子守唄』はサプライズでした。
感動しました。

アルバム バラッド1、バラッド2収録曲など初期から中期の作品が中心。

OhクラウディアやMelodyはコンサートで、はじめて聴きましたが最高に良かったです。

メインスクリーンには歌詞は表示されませんが、サブスクリーンには歌詞が表示されていたのでみんなでカラオケ状態です。KDDIの統計だと思いますが、リクエスト順位がスクリーンに表示されます。
賛否はあるかと思いましたが。

26.シュラバラバンバ
27.爆笑アイランド
28.ごめんよ僕が馬鹿だった
29.ロックンロールスーパーマン

メンバーが車でサブステージに移動。
今度、目の前ですよ、目の前。

桑田さんはアコースティックギターにスイッチしてこちらに向かって3曲演奏してくれました。
もう感動です。

しかも、『夕陽に別れを告げて』でいつもはサポートメンバーがブルースハープを吹きますが今回は桑田さん自らブルースハープを吹いていました。

それだけで感動です。

これ写真で言うところの緑のシートの部分です。
雨が強くなって桑田さんはびしょぬれ。

マイクの調子がよくなかったりもしたんですが『ありがとう』、『ありがとう』と手を振ってくれたりみんなで雨の中のステージを盛り上げてくれることに感謝の言葉をかけてくれていました。

こちらが『ありがとう』ですよ。しかも、こちらに贈ってくれた曲が『涙のキス』たまらん。桑田、原坊のチャコもよかった。

<サブステージ>
30.涙のキッス
31.チャコの海岸物語
32.せつない胸に風がふいてた(16日だけ、この日はなし)
33.夕陽に別れを告げて

ステージに戻るところでリクエストの発表が続いていき
メンバーが到着したところで
3位、2位、1位の発表。

1位:真夏の果実でした。

<メインステージ>
34.いとしのエリー
35.真夏の果実
36.TSUNAMI

ここからステージ演出が派手になって、テンション↑↑
野外スタンド内でも風船は飛ぶし、花火は上がるし、スタンドに向かって紙吹雪は舞うし、炎は上がるし、できる演出はすべてしていると思いました。

毛ガニ登場。
オープニングでサザンメンバー全員で『EXILEのチューチュートレイン』やってました。

37.I AM YOUR SINGER
38.希望の轍
39.Oh!SummerQueen~夏の女王様~
40.エロティカ・セブン
41.HOTEL PACIFIC
42.ボディスペシャル2
43.マンピーのG★SPOT

アンコール。
1曲目の導入部はこちらへの感謝の気持ちを歌にしているので泣けます。

EN1.夕方HOLD ON ME
EN2.みんなのうた

ここで、毛ガニも腰痛を押して、
パーカッションで参加。

豪華で大盛り上がりの勝手にシンドバッド。
桑田さん、雨降ってるのにホースで噴水して水撒いてたし。

アリーナ席でなくてよかった。
笑。

EN3.勝手にシンドバッド
EN4.YaYa~あの時代を忘れない~



とにかく今回のコンサートで感じたこと。
やはり桑田佳祐というアーティストの凄さをまざまざと見せつけられたコンサートでした。

18時から21時10分ぐらいまでだったですが
この間にメドレーを挟んだとはいえ
40曲以上ですよ。

特に前半は圧巻。
マイナー選曲が多いと思うのですが、メドレーを永遠歌い続けている最中、思わず今何曲目だろ、と考えていました。それぐらい、桑田さんの神がかかったステージに唖然。

伝説にはしません!いつものサザンで行きまーすといっていましたが、わたしの中では今回のコンサート殿堂入りです。

雨がどしゃぶり状態で降っているため、パーフォマンスの最中マイクスタンドからマイクが落ちたり、耳からイヤホンが抜けたり、曲が飛んで間違って歌う箇所などありましたが、それを差し引いても文句のつけようがないと思います。

正直、声量て年齢を重ねるごとに落ちるし、ボーカリストとして旬の時期ってあると思い、サザンをいい状態で聴けるのって今回が最後かなと思っていたんですよ。桑田さんのステージに映る顔を見ると、年齢を感じさせているし。

でも、実際参加してみるとこれはまだまだイケるよ、と思いました。3時間の休みないライブパフォーマンスはとても50歳には見えません。全然若いですよ。










関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/388-f363ab47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。