【一般ニュース】石垣島ラー油 予約しても購入半年待ちの恐るべきラー油の秘密

ここでは、「【一般ニュース】石垣島ラー油 予約しても購入半年待ちの恐るべきラー油の秘密」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
spice

ラー油は餃子のたれ、という発想しか浮かばない食貧乏のわたしですが、“石垣島ラー油”が口コミでブレイクしているということでいろいろ調査してみました。まず、石垣島ラー油と普通われわれが食卓で使用するラー油との違いですが、石垣島ラー油には10種類(島唐辛子 、春秋ウコン、ピパーチ、石垣の塩、黒糖、ニンニク、白ゴマ、黒豆、山椒、食物油)のスパイスが使われており、フレーバーオイルだけではなく、沈殿している沖縄産の具材も健康によいため一緒に食べられる。中には、具を売ってほしいという猛者もいるとか。

このラー油をつくっているのは石垣島にあるペンギン食堂。辺銀(ペンギン)さんは本名。メルヘンチックな苗字の人が世の中にはいるのだなぁ・・・。

先ごろ、この摩訶不思議な食材に関しての秘密が描かれた本も出版されているので、興味がある人はチェキラしてください。群馬では、「まるおか」、「沖縄市場」にて購入可能です。 ほか全国に販売店があるようなので公式サイトなどで確認を。

【関連リンク】

石垣島ラー油

ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなしペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし
(2008/08/21)
辺銀 愛理

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/447-97d21b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。