【アート】東京都写真美術館 東京 恵比寿

ここでは、「【アート】東京都写真美術館 東京 恵比寿」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京都写真美術館

東京都写真美術館

東京都写真美術館

東京都写真美術館



セレブな空気が漂う街 恵比寿。 駅から程近い恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館が前から気になっていたので行ってきました。

3つのスペースのうち、2つを使っている液晶絵画展のチケットを購入し観て来ました。わたしが現地に着いたのは17時過ぎでしたが、写真好きな女性がたくさんいました。展示はB1階と2階に分かれていて、エレベーターで移動します。

今回参加のアーティストと作品紹介
すべての展示をメモしながら観ました。解説はわたし個人が感じたままを書きますので、作者の意図とは異なる可能性があります。

第1会場 B1階

ミロスワフ・バウカ

BlueGasEyes
ガスコンロの炎を真正面から撮影した映像が床に投影されている映像が永遠続く



やなぎみわ

Fortunetelling
4人の少女が出ており、2人がテーブルに座りタロット占いに興じる一方で、背後で別の2人の少女がつかみ合いの悪ふざけをしている映像。手前と背後の2人のうち1人づつが老いた魔女の仮面をつけているのが不気味さを醸している。

メルヘン色漂う14分2秒の映像はストップモーションを用いて、ゆっくり表情や動きがつけられている。童話 不思議の国のアリスやテリー・ギリアム映画のような作品。

千住博

水の森
屏風のようにスクリーン6つを使い、湖畔を墨で描いた絵を上映し、絵の中では波打つ水の流れや鳥を飛ばしたり、静的な風景画にコンピュータで動きをつけて動的にしている。斬新な作品。

ジュリアン・オピー

ファイルをもつヒロフミ
イヴニンドレスの女
ペンダントをつけたキエラ
“イブニングドレスの女”や“ペンダントをつけたキエラ”など、漫画家 わたせせいぞうや江口寿史のような原色を使った女性のイラスト。ペンダントが揺れていたり、女性にウインクさせたり、動きをつけて視覚に訴えるようにしている。

揚福東

雀村往東
暗い部屋に6面スクリーンを設置し、別々の映像が流れる。映像は、白黒で中国の貧しい農村と思われる。やせこけた犬などが映され、映像全体が悲しい印象。

イヴ・サスマン

浮上するフェルガス
スロー再生により人物たちの動きを引き伸ばした20分の大作。

サム・テイラー=ウッド

スティル・ライフ
リトル・デス
長時間撮影した死んだうさぎやくだものを早送り再生することにより、腐っていく過程を描いた作品。観ていて万物の流転を知るとともに美しいモノが醜い姿に変わっていく姿になんともいえない無常さを感じずにはおれない。

ピエタ
巨大なスクリーンに映されている作品。十字架からおろされたイエス・キリストを抱くマリアの姿を表現したと後で知ったが、観ているときは何がなんだかわからなかった。

小島千雪

リズミカル、砂の陸
巨大なスクリーンに上映されている。画面いっぱいに砂丘をずっと映しているのですが、これも私の煩悩では意図が分かりかねた。

チウ・アンション

新山海径・二
墨で描かれた水墨画を動的なアニメーションとして動かしている作品。文明進歩が進むとともに、人々は飼っている牛を殺し、ダムを作り、ビルを建てていく・・・、その結果自然災害を招くなど社会風刺の強い作品。

第2会場 2階

ドミニク・レイマン

平和の挨拶を交わしなさい
Yo Lo Vi
“平和の挨拶を交わしなさい”は、教会に集まった人々を斜め上から撮影した大画面に映される映像や時間差で観覧者が映像に映りこむ“Yo Lo Vi(わたしはそれをみた)”などユニークな作品。

鷹野隆太

電動ぱらぱら2008
この展覧会中の一番の“色物”系。男性ヌードが上半身、下半身に分けられ一見脈絡のないように次々と“服を脱ぐ姿”が上映されていく。男性の下半身はモザイクかけられたりしていて結構きわどいです。

ビル・ヴィオラ

プールの反映
プールの反映は、緑に囲まれた小さな井戸を映しており、水が滴ると波紋がポワッ~と広がっていく映像がリピートされる作品。悠久の時間と一瞬の鼓動を感じる。

ブライアン・イーノ

サーズディ・アフターヌーン
タバコを吸う女性を原色カラーで幻想的に描いた作品

ミステイクン・メモリーズ・オブ・マンハッタン
マンハッタンのある1日を早送り再生で表現した動画。

森村泰昌

フェルメール研究
本展覧会の一番の目玉。公式フライヤーにも採用されているのはこの作品。実際の美術史に果敢に挑んだこの作品群はとてもよくできていて、これはわたしがこの場で語るよりも実際に会場でぜひ見てほしいと思います。

計14名

東京都写真美術館
住所:東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
開館時間:午前10時から午後18時(木曜、金曜は20時まで)
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日、または振替休日の場合、その翌日)
最寄り駅:JR恵比寿駅東口改札より徒歩7分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩10分

【関連リンク】

東京都写真美術館
ヨハネス・フェルメール(Wikipedia)

>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式ブログ
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
群馬社会人サークル ガジェット2.0携帯公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/543-8358e7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。