【文学/小説】ナンシー・ヒューストン著 時のかさなり 親子4代に渡る長編小説

ここでは、「【文学/小説】ナンシー・ヒューストン著 時のかさなり 親子4代に渡る長編小説」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼下がりに運転しながら、TBSラジオ ストリームを聴いていたらライターの豊崎由美さんがナンシー・ヒューストンの“時のかさなり”という小説を紹介していた。

ざっと番組内でのあらすじを聴いていただけなのにとても面白そうだなぁと思ったので、みなさんにも紹介。

聞き逃した人は番組公式サイトの中でMP3にて番組をダウンロード可能です。

ストリームブックレビュー
http://www.tbsradio.jp/st/2008/11/1120_6.html

2006年ナンシー・ヒューストンの著書。日本語訳版は、新潮クレスト・ブックスより刊行。血の繋がった親子(ソル、ランダル、セイディ、クリスティーナ)が語り手を代えながら、ナチス統制下のドイツから、カナダ、イスラエル、そしてブッシュ政権のアメリカまで60年に渡る一族の物語を紐解いていく。各章は独立し、幼年期(6歳)の少年、少女の目線から語られるため、次章になり語り手が変わることで、はじめて真相が解き明かされていくようなサスペンスタッチの構成が見事な小説。

時のかさなり (Shinchosha CREST BOOKS)時のかさなり (Shinchosha CREST BOOKS)
(2008/09)
ナンシー・ヒューストン

商品詳細を見る


【関連リンク】
毎日.JP 今週の本棚



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/647-1c708b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。