【文学/小説】キャッチャー・イン・ザ・オタクゴン 須藤元気著 幻冬舎刊 書評

ここでは、「【文学/小説】キャッチャー・イン・ザ・オタクゴン 須藤元気著 幻冬舎刊 書評」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奇才(元格闘家) 須藤元気。 リングの上だけでなく、作家としても卓越した文才をみせる。 今回の小説は、学生の頃から憧れた海外格闘技イベント『FGFC』に出場することが決まった青年ケンタに、自身が格闘家だった経験を投影しながら描いた初の書き下ろし小説。

悪友たちとの友情や恋人シズコとの連れない恋愛描写など読んでいてクスッと笑えた。読破後の感想として、一番の読み応えがあったのは最後の格闘シーンの描写。臨場感たっぷりでした。

構成は少々荒削りで飛躍させすぎな部分はあるけれど、ちょぴりほろ苦い試合結果で終わらせるあたり、清涼感のある青春小説に仕上がっています。ちなみにタイトルは、「キャッチャー・イン・ザ・ライ(ライ麦畑でつかまえて)」のコラージュで、オタクゴンとは8角形の金網で囲まれたリングのこと。

キャッチャー・イン・ザ・オクタゴンキャッチャー・イン・ザ・オクタゴン
(2008/11)
須藤 元気

商品詳細を見る


【関連リンク】
須藤元気公式サイト WE ARE ALL ONE


>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式ブログ
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
群馬社会人サークル ガジェット2.0携帯公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/659-7e62f850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。