東京劇団FES'08(TOKYO GEKIDAN FES’08) とくお組 演目『マンション男爵』 シアターアプル 東京 新宿 ネタバレあり

ここでは、「東京劇団FES'08(TOKYO GEKIDAN FES’08) とくお組 演目『マンション男爵』 シアターアプル 東京 新宿 ネタバレあり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.tokuo-gumi.com/

最後に見てきたのがとくお組。東京代表ということで、お客さんの入りが他を圧倒してました。主催する徳尾浩司氏は、フジテレビで放送された『お台場探偵羞恥心ヘキサゴン殺人事件』などの脚本を手がけたり、幅広いご活躍をされています。

公式パンフレットより

都内、男爵事務所。そこにはネゴシエイター、アナリスト、No.1ホスト、占い師、各方面のエキスパート男爵が集まり、リーダーを中心に日々、依頼人の悩みを解決している。 その日、事務所に現れた赤堀伸一は、付き合っている彼女にプロポーズをする勇気がなく、悩んでいた。

彼女に忍び寄る影、赤堀に襲いかかる不安。それらに対処するため、男爵たちは電話交渉、盗撮、霊視、メール分析、さまざまな能力を駆使しながら解決しようとするのだが・・・。



見所

開演と同時に幕が空いており、役者たちが舞台中央のセットに座りトランプに興じていて、開演前から小芝居を始めていた。男爵事務所は家賃を滞納しており、頻繁に大家から電話が掛かってきている。笑。

フォックス公爵、クロコダイル男爵、ゴシエーターとは名ばかりでいいかげんな声真似を使うスネーク男爵、ホストでピッチピッチの豹柄の服を依頼人に着せてしまうタイガー男爵など××男爵とそれぞれに男爵名がついており、トイレットペーパーで恋路を占うエセ占い師のポテト男爵が一番美味しいところを演じていた。

劇がはじまるとオープニング映像が流れ派手な演出あり。

依頼人からの彼女の浮気調査をみんなで解決するときに、大きなスクリーンを使って写真をみせたり、相関図を描写したりするのが新鮮。

ポテト男爵はコネタ担当で一々みんなの邪魔をして、話をこじれさせる。

結局、
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/678-be4044ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。