【文学/小説】第2回日本ラブストーリー大賞受賞 『守護天使』 宝島社刊 上村佑著 2009年6月映画公開決定

ここでは、「【文学/小説】第2回日本ラブストーリー大賞受賞 『守護天使』 宝島社刊 上村佑著 2009年6月映画公開決定」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syugotenshi.jp/

守護天使 [宝島社文庫] (宝島社文庫)守護天使 [宝島社文庫] (宝島社文庫)
(2008/10/02)
上村佑

商品詳細を見る


この本のあらすじ。

チビ、デブ、ハゲ・・・世の中の不幸をすべて背負ったような中年オヤジ 須賀啓一(いつもティアドロップのグラサン)は、齢50にして初恋をした。相手は、通勤電車でみかけた美しい女子高生。

ブログへの悪質な書き込みから、女子高生が拉致される。美少女を陰ながら見守る『守護天使』になると誓った啓一は、チンピラオヤジ、美少年ヒッキー(引きこもり)とチームを組み美少女救出に向かう。選考委員を圧倒させたノンストップ爆笑ラブストーリー。



2009年6月映画化されることが決定している小説は、日本ラブストーリー大賞受賞作。『キモメン文学』と揶揄されるほどに、奇抜な人物造詣と純愛がユーモアたっぷりに描写されており、活字で読む映画という感じ。読み進めるごとに笑いをこらえるのが必死。守ろうとしている美少女が実は心臓に重い病を抱えていたりホロッとさせられる展開があったかと思えば、守護天使のはずの須賀が電車の車中で座席を譲られたり、ストーカーに間違えられたり、3行広告のバイトに行ったらホモ雑誌のモデルをやらされたり、最後はフルチンで格闘して下の毛が逆立っていたり、爆笑するシーンが最後まで続く。物語のテンポがよいので、2時間かからないで読みきってしまった。久しぶりに元気をもらった小説で面白く素晴らしかった。おすすめです。

文庫版には、外伝作品の書き下ろしあり。

【関連リンク】
守護天使(小説版) ウィキペディア

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式ブログ
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/01/27(火) 13:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/785-71396ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。