【映画】汐月歩夢エキストラ参加 本格科学冒険映画『20世紀少年 第2章 最後の希望』 1月31日全国公開 最速レビュー 感想ネタバレあり

ここでは、「【映画】汐月歩夢エキストラ参加 本格科学冒険映画『20世紀少年 第2章 最後の希望』 1月31日全国公開 最速レビュー 感想ネタバレあり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞前

1000円均一の映画の日は混むので、本日より公開の『20世紀少年 第2章 最後の希望』をユナイテッドシネマ上里で18時半から鑑賞してまいります。感想は夜投稿します。CM観るたびにカンナの演技がすごく不安なのですが、良いほうに振れていることを祈ります。

もうあちらこちらで言われていますが、原作とそっくりに作られた1作目で敷かれたレールを外れ、映画独自の解釈を取り入れていく2作目なので期待度が高い。大爆発によりケンジが記憶喪失になってオッチョがメインとなっている分1作目より楽しみ。あと、自分が映っているのかという別の楽しみも・・・。




ボブ・レノン(ケンジ)

鑑賞後

観てきました。初日だったのでお客さん多かったです。2作目は世界有数のジェットコースター映画で最初の15分で白旗を揚げて降りたい人が出ていたと思われます。まず、映画単体で観た感想で言うと全体のチグハグさが倍増。映画の大スクリーンで見ると、ともだちマークやともだち教団側の衣装がダサく見え大金をつぎ込んで制作しているのに、21世紀に人の心を惑わすようなカルト教団になりえるのか?という疑問が頭の中に浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・。ただ、この作品はエキストラで参加したこともあり、どんなに世間の評価が低くても、最後まで応援するつもりでいます。映画を楽しむというより、年に数回のライブイベントに参加するのに近いと思っています。

物語のほうに話を戻しますが、約15年の歳月が流れておりメインキャラクターが年をとり、あの大爆発でもみんな無傷で生き延びているのは漫画原作どおりで理解できるのですが、前後の説明が不十分。みんなが『ケンジが』『ケンジが』とケンジの想いを大切にして生きているのだけれど、背景を掘り下げてくれないので各々のキャラクターの気持ちが理解できないし、ピンと伝わってこない。ただ、まとめるのに精一杯と感じたのが残念。ここが第2章の作品としての肝だと思うのです。なぜ、カンナはケンジをいあれほどまでに慕うのか、なぜ命をかけてまでオッチョはカンナを守るのか、すべてはケンジが残していったもののためなんですよ。ここをきっちり抑えておけば、ともだちの正体が変わろうと作品の評価は揺るがないと思うのですが、ここがブレているので物語に深みや味わいがなさすぎて残念。

実写なのにいつまでも漫画チックな表現を追い求めるので、観ている観客は唖然とするしかない。こちらは2作目なのでもっと踏み込んだ表現や漫画原作から離れた展開を期待しているのに、そっちに半分足を入れては、また戻してということを繰り返しているので、突っ散らかっている印象が最後まで続く。

役者の演技ですが、ほぼ全編に渡って登場するカンナ役の平愛梨は存在感が物足りなく演技は決っして上手くなかったが、体を張ったアクションシーンなど作品を支えるため孤軍奮闘し頑張っていたと思う。逆に小泉響子役の木南晴夏は助演女優賞をあげたいぐらいコミカルな芝居が上手。漫画をまねているというより、演技をしているという自然さがよかったです。

それより全編を通じて退屈な印象が続く第2章の中で、やはりオッチョの存在感が際立っていた。この映画でオッチョが出てくるシーンだけは映画として普通に観れた。それだけ豊川悦司が築いてきた役者としてのキャリアが存在感を極立たせていたと思う。また、サダキヨ役のユースケ・サンタマリアが、思いのほか不気味さをかもして侮れない演技をしていてビックリ。後半は上手い役者が揃ったこともあり疾走感が出てきたが遅すぎた。ブルーハーツの甲本ヒロトの実の弟である甲本雅裕がカンナの先生役だったのにも驚き。

2015年の描き方はCGが多用され、カンナの学校の授業風景のシーン(レーザーあやとり)は新鮮でした。日本テレビのアナウンサーに特殊メイクしていかと思えば、ともだちの式典の司会をしていた徳光さんが若いままだったのは疑問でしたが。。。

エンディングロールで次章予告開始のカウントダウンがはじまり、その間に流れるヤン坊マー坊と闘うケンジや子供たちの演技が好き。最後のウルトラ兄弟のスペシューム光線などの決めポーズでずらっ~と並んだ彼らをカメラがなめていくシーンがなぜかノスタルジックでいいなぁ~と思った。

20世紀少年

2009年 秋 ロードショー
本格科学冒険映画 20世紀少年
最終章 ぼくらの旗

ケンジ復活!!!

おらは死んじまったダ~

PS:新宿でパレードしていたともだちオッチョと対峙して、オッチョの交通事故に遭った子供もひとりぼっちだったという台詞の前後2分ほどが私がエキストラ参加していたシーンですが、群衆の中に埋もれて映画のスピードやカット割では判別がつかなかった。

【関連リンク】
20世紀少年 ウィキペディア

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 豪華版(生産限定) [DVD]20世紀少年 第1章 終わりの始まり 豪華版(生産限定) [DVD]
(2009/01/30)
唐沢寿明豊川悦司

商品詳細を見る


20世紀少年 第2章 最後の希望 (豊川悦司、常盤貴子 出演) [DVD]20世紀少年 第2章 最後の希望 (豊川悦司、常盤貴子 出演) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る



>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式ブログ
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/796-0b4fd68d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2009/01/31(土) |
管理人の承認後に表示されます
2009/01/31(土) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。