【本/雑誌】Dr.インクの星空キネマ 絵と文 にしのあきひろ(キングコング) 幻冬舎刊

ここでは、「【本/雑誌】Dr.インクの星空キネマ 絵と文 にしのあきひろ(キングコング) 幻冬舎刊」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心に夢が鏡のように映る、絵と物語だ! 松本零士(宇宙戦艦ヤマト、銀河鉄道999原作者)

Dr.インクの星空キネマDr.インクの星空キネマ
(2009/01)
にしの あきひろ

商品詳細を見る


お笑いコンビ キングコングの西野亮廣が5年の歳月をかけて完成させたモノクロイラストで構成された絵本 Dr.インクの星空キネマ。本屋で購入しようと思って手に取ったら2500円もして躊躇したけど、タモリ、松本零士、水道橋博士、吉田豪など著名人が話題にしたり、コメントしていて“狂気すら感じさせる絵本”といわれる真髄を知りたいと迷った末に購入。

その重みもさることながら、すでに第二刷。紀伊國屋でも初版は完売。
ちょっとだけ中身を紹介。

裏帯より引用

どうして星は流れるの?
どうして人は夢を見るの?

丘の天文台にひとりで暮らすおじいさん、時代遅れのハシゴ屋さん
村人から恐れられているバケモノ、世界中のみんなのために“夢の脚本”を書き続ける人。
それぞれの思いで毎日星空を見上げる孤独な人たちが、小さな幸せを見つける感動のファンタジー。

星空を見ることを忘れさせてしまったあなたへ。
大人が泣く。
子供が微笑む。
優しさが心に沁みる物語。



見よ、この信じられない描きこみ

Dr.インクの星空キネマ01

Dr.インクの星空キネマ02

物語は4篇収録されており最後の『Dr.インク』で前の物語の伏線がすべて繋がるようにできています。僕ごのみは3つめの『ドンドコ山のバケモノ』。村人に心を閉ざしていたバケモノが目のみえない女の子のために自分の命を投げ出すお話。とても芸人さんが書きあげた物語とは思えないクオリティです。すごい!!自分に子供ができたら読み聞かせたい。続刊も希望。

グッド・モーニングジョー
赤いハシゴ
ドンドコ山のバケモノ
Dr.インク

【関連リンク】
西野公論

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬デザインアート倶楽部
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/02/12(木) 13:45 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/818-97a5609a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。