【アニメ/コミック】浅野いにお著 『おやすみプンプン』 週刊ビックコミックスピリッツ連載 小学館刊 3巻、4巻 中学生編 読破

ここでは、「【アニメ/コミック】浅野いにお著 『おやすみプンプン』 週刊ビックコミックスピリッツ連載 小学館刊 3巻、4巻 中学生編 読破」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.youngsunday.com/rensai/comics/oyasumi_punpun.html

Goodnight_Punpun_v01_133

若手の漫画家の中でもずば抜けて画力があり、ネームが秀逸で、若さ溢れるエネルギーに満たされている浅野にいおのマンガ。その物語は極めてピュアであり、病んだ現代に潜む家庭のゆがんだ問題、学校でのいじめ、思春期の性の問題も堂々と描写しながら、独特の台詞使いはときに詩のように、時に音楽のように哀愁を帯びて我々の心に響いてくる。

21世紀に恐ろしい天才漫画家が現れたものだ。

ウィキペディアによる作品解説

どこにでもあるような街のどこにでもいそうな少年、「プンプン」の人生の波乱を描いた作品。

この作品の大きな特徴に、主人公である「プンプン」やその家族、親戚のみ“落書きのようなヒヨコ”で描かれており、その名前に加え、周りの人物や情景などの高い描写力からは浮いた存在となっている。 加えて、作品内でコラージュ的な表現を用いたり、一部の人物に話の進行とは無関係な奇行を描いたりと、実験的なシュルレアリスム表現がみられる(これらは作者自身、つげ義春の『ねじ式』が漫画を志すきっかけとなったことから、その影響が大きいと思われる)。

しかしながら、作家の伊坂幸太郎が単行本の帯に「前衛でありつつ王道を走り抜ける」と語っているように、少年期における独特の叙情表現等に定評があるなど、シュルレアリスム的なアート性と文学的な娯楽性を同時に持った画期的作品だと評価されている。




『おやすみプンプン』 3巻までのあらすじ

ごく普通の中学生(ただし鳥の姿)、小野寺プンプンは片想いの女の子 田中愛子を巡って、部活の先輩と無謀な勝負をすることに。一方、叔父の雄一は、気になるフリーターの女子、大隈翠に過去を打ち明け始める。



おやすみプンプン 3 (3) (ヤングサンデーコミックス)おやすみプンプン 3 (3) (ヤングサンデーコミックス)
(2008/06/05)
浅野 いにお

商品詳細を見る


おやすみプンプン 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)おやすみプンプン 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)
(2009/01/30)
浅野 いにお

商品詳細を見る


ちなみに、TBSラジオ 文化系トークラジオ Lifeの可愛いキャッチーなイラストは浅野いにおが手がけたものだと皆さん知っていましたか?

http://www.tbsradio.jp/life/index.html

【関連リンク】
浅野いにお インタビュー CityLife

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
電脳ニュース瓦版★ポッドキャスト
群馬デザインアート倶楽部 
中国語教師瑠沙の国際結婚日記
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板 
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
Twilog 汐月歩夢
Twilog 汐月瑠沙
mixi 汐月歩夢
mixi 汐月瑠沙
電脳ニュース瓦版@YouTube_ Channel
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/07/21(水) 21:07 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/02/13(金) 12:57 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/819-2ed54d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2009/02/21(土) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。