【本/雑誌】自分へのごほうび 住吉美紀著 幻冬舎刊

ここでは、「【本/雑誌】自分へのごほうび 住吉美紀著 幻冬舎刊」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://cgi4.nhk.or.jp/a-room/aroom.cgi?i=267

自分へのごほうび自分へのごほうび
(2009/03)
住吉 美紀

商品詳細を見る


NHKプロフェッショナル 仕事の流儀』などを担当する女子アナウンサー 住吉美紀さんのエッセイ『自分へのごほうび』を購入。帯のキャッチコピーが、がんばった自分に。えらかった自分に。つかれちゃった自分に。毎日の自分応援エッセイ。本のブックカバーデザインもお洒落だし、文章も素敵なので、仕事で頑張っている彼女にプレゼントで贈ってあげると喜ばれるかも。

歳だけはとっていくのに、生き方に確信が持てないまま、焦る気持ちに押しつぶされそうになることが時折ある。漠然とした不安に襲われ、希望とやる気を失いそうなときもある。一度きりの人生、これでいいのだろうか・・・?白黒はっきりした答えなんて出るはずもない。

そんなときは、周りに目をやってみる。すると意外なものごとや出来事が、思わぬ気づきや励ましをくれる。日常に潜む喜びや発見が、力を与えてくれる。見ようとする気持ちさえあれば、身の周りにはごほうびが溢れているだ。そう、自分へのごほうび。



読了後、感想
それぞれのエピソードがホント面白かった。テレビで見る限りでは可愛い感じの住吉アナですが、文章の才能に舌を巻いた。アナウンサーにしておくのがもったいない。エッセイストとしても相当な実力の持ち主。文章における日常の情景描写が素晴らしく、綺麗な日本語の使い方を知っている人だな、と感じた。30代バツイチ女子の本音や自虐エピソードの数々を笑えるエピソードに昇華させながらも、前向きで穏やかな人柄や生き方を感じる。男性が読んでも面白いが、できれば同年代の女性に薦めたい一冊。

【関連リンク】
住吉美紀 ウィキペディア

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬デザインアート倶楽部
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/871-72f6456e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。