【映画】『おっぱいバレー』を観た!ネタバレ満載。チケット購入攻略裏技情報あり。綾瀬はるかセクハラ青春ムービーは甘酸っぱいお馬鹿映画。新作映画公開初日最速レビュー

ここでは、「【映画】『おっぱいバレー』を観た!ネタバレ満載。チケット購入攻略裏技情報あり。綾瀬はるかセクハラ青春ムービーは甘酸っぱいお馬鹿映画。新作映画公開初日最速レビュー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

opy.jpg

綾瀬はるか in おっぱいバレーオフィシャルPHOTOブック <テレビタロウ特別編集> (TOKYO NEWS MOOK (通巻149号))綾瀬はるか in おっぱいバレーオフィシャルPHOTOブック <テレビタロウ特別編集> (TOKYO NEWS MOOK (通巻149号))
(2009/04/14)
不明

商品詳細を見る


ワーナー東映エイベックスがスポンサーについたお馬鹿青春サプリ映画で話題の『おっぱいバレー』を観てまいりました。小説が号泣するほど盛り上がる内容だったので、期待値が高すぎたのかあっさりしすぎていて肩透かしだったけれど、ちょうどいい尺で退屈せず面白かった。

映画というよりテレビドラマのよくできた作品みたいだったので、ビデオでもいいかなと思ったけれど、ユナイテッドシネマのポイントが6ポイント貯まっていたので無料で観るにはちょうどいいや!って思って観てきた。なぜか埼玉県上里のユナイテッドシネマは『スラムドック$ミリオネア』をやっていないんだよね・・・。泣。

主演 綾瀬はるかにとっては風当たりの強い演技が要求されていて、台詞ともどもセクハラ映画になっていました。いきなり始業式の就任挨拶で、高村光太郎著書の“道程”の話をはじめると生徒が鼻血という、お決まりのパターンには苦笑。

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

道程 高村光太郎



道程 (愛蔵版詩集シリーズ)道程 (愛蔵版詩集シリーズ)
(1999/12)
高村 光太郎

商品詳細を見る


小説では舞台が現代でしたが映画版は時代設定を変えて“おっぱい”が神聖化されていた1970年代を舞台にしておりきわどい台詞も上手く調和され、ほのぼのとした雰囲気が漂う。綾瀬はるかは可愛いと言うより綺麗という言葉が似合う女優ですが、“声”が特徴的で一度聞いたら忘れられない“声”でした。ほんわか優しい“声”していて、今回の映画で声優でもイケると思いました。

映画は小説よりも展開が早く、弱小バレー部がいきなり強くなってしまうので、展開に戸惑う人も多いのでは。感動したシーンは、原作では不良に絡まれた下級生の城をみんなで協力して奪回する場面だと思いますが、映画版は教師として自信を失った美香子先生が亡くなった恩師の墓参りをしている最中に恩師の奥様と出会い、書斎で当時罰として別室で自習させられていたときに感想を書かされていた本を見つけて、実は感想を書かせていた本は恩師が言っていた“図書室の忘れ物”ではなく、恩師が自ら書生から迷いながら選んでいたことがわかる瞬間。子供の頃には解らなかったことが、大人になってから“ハッ”と気づかされる瞬間。その最後の本の感想文を恩師がコンクールに出していたことで彼女の文章は見事にコンクールで金賞を受賞。美香子は、恩師の勧めで国語の教師になることを決めた。

浜田省吾や矢沢永吉などの歌が効果的に使われており、懐かしさと青春の甘酸っぱさを同時に味わえる良作。思春期の悩み多き男子に捧ぐ馬鹿馬鹿しくも、美しい青春スポーツ映画。おすすめ。

チケットを買うときに“おっぱいバレー”というのは拷問と2ちゃんねるで騒がれていますが、“OPV”といってチケットは購入可能。ユナイテッド・シネマであれば、会員になればインターネット上から座席とチケットを予約し、発券機にカードを入れればチケットが入手できるので恥ずかしがり屋な僕はこの方法を使いました。

挿入曲 道標ない旅 おっぱいバレー


挿入曲 風を感じて おっぱいバレー


挿入曲 星月夜 おっぱいバレー






おっぱいバレー〈1〉 (リンダブックス)おっぱいバレー〈1〉 (リンダブックス)
(2009/03)
水野 宗徳

商品詳細を見る


【関連リンク】
おっぱいバレー

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬デザインアート倶楽部
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/934-7071dde8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。