【映画】グラン・トリノ 新作映画レビュー 俳優イーストウッドの集大成。 いぶし銀の演技が静かな感動を呼ぶ、味わい深い大人の映画 ネタバレあり

ここでは、「【映画】グラン・トリノ 新作映画レビュー 俳優イーストウッドの集大成。 いぶし銀の演技が静かな感動を呼ぶ、味わい深い大人の映画 ネタバレあり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男は迷っていた人生の締めくくりを
少年は知らなかった、人生の始め方を

Clint Eastwood in Gran Torino (2008)

すでに俳優業からの引退を発表しているクリント・イーストウッドのおそらく最終作になるであろう話題の映画『グラン・トリノ』を観てきました。映画評論家の町山さんも絶賛しており、映画.COMでも『スラムドッグ$ミリオネア』と並び最高評価のA+でしたので、どのような映画に仕上がっているのか大きな期待を胸に劇場へ。

本編は奥さんの葬式の場面からスタート。息子家族に逆ギレし、若い神父には罵声を浴びせるイーストウッドが演じる頑固で横暴な態度が鼻につく元軍人ウォルト・コワルスキーは最初本当に嫌な老人で描かれているので、最初は『ん?』と感じるが、それは物語が進むにつれ伏線であることに気づかされる。そんな人付き合いの下手なウォルトは近隣住民からも煙たがられる存在。しかし、隣にアジア系移民 モン族の一家が引っ越してきたことによって、彼の人生の歯車もゆっくり動き出していく。

彼は定年までフォードで自動車修理工として働き、その後は愛車であるグラン・トリノを磨き、昼間からビールを煽り、愛犬デイジーと会話する退屈な日常を過ごしていた。そんな彼の日常がある事件を引き金に激変していく。

Gran Torino

ヴィンテージカー グラン・トリノを盗もうとガレージに押し入った侵入者を狙う、銃を持ったときのイーストウッドの鬼気迫る演技は特筆モノ。僕なら、あの老人に銃を向けられた時点で死を覚悟するな。この事件をきっかけに隣人のスーやタオと仲良くなっていくウォルト。なかなか自分の気持ちを表に出せない引っ込みがちな性格のタオであったが、ウォルトと関わるうちに大人への成長を見せていく。

不良グループに息子同然に可愛がっていたタオが傷つけられ、彼の家族までも命を狙われたばかりか、スーが暴行され、彼の心の奥底に眠っていた怒りに灯がともる。ここは観ている観客側も激しい怒りに我を忘れるシーンだと思うが、このあとのウォルトの家を訪れた神父との怒りを押し殺した静かな会話が対照的で素晴らしい。

また最後、1人前の男として認めたタオに人殺しをさせられないと、身辺整理をして不良グループに丸腰で1人で決着をつけに行くウォルトが最高にかっこいい。

この映画のラストのネタバレ。

最後、涙でスクリーンが滲みましたが、暴力に暴力で決着をつけなかったところがイーストウッドのすごさ。不良グループの前で懐から拳銃を取り出す振りをして自らが撃たれ犠牲になり、彼らに罪を負わせて人生の幕引きをする。

このシーンは、僕も怒り狂っていたので最後彼らをやっつけるものだとばかり思っていた。ウォルトは腸が煮えくり返るような怒りはあっても、朝鮮戦争のときに相手の国の兵士を何名も殺している苦い過去があるので、愛する友人であるタオに人殺しをさせて自分と同じ罪の意識を背負わさせたくなったのだと思う。地味な配役に支えられた映画でありながら、震えるほどの怒りであったり、傷ついた心を優しく包み込んでいくような感動が押し寄せる。

Gran Torino con Clint Eastwood

人生はいくつになっても変えていくことができる、と教えてくれる深い味わいと感動が詰まったほろ苦い珈琲のような映画。いぶし銀の演技が光るイーストウッドに拍手!! 文句なくおすすめ。

【関連リンク】
グラン・トリノ

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬デザインアート倶楽部
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/04/26(日) 15:00 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/950-9e3e2a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。