【国際恋愛/遠距離恋愛】ゴールデンウィーク 台湾デート滞在記 その1

ここでは、「【国際恋愛/遠距離恋愛】ゴールデンウィーク 台湾デート滞在記 その1」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


台湾001



海外旅行から無事帰ってきました。楽しかったです。
でも帰ってきて、パソコン開いたらメールが1000通越えていて、(;><)。

国際恋愛、遠距離恋愛の2重ハードルを飛び越えるために、3泊4日で“彼女”に会いに行ってきました。僕らの馴れ初めは無料国際電話Skypeの語学学習を通じて仲良くなって、僕らは2年の恋愛に発展している訳ですが、なにせ海外なので明日会おうとか簡単にいえない間柄。

自分自身も浮かれているところあるし、安くないお金をかけて出かける以上、画面越しではなく、面と向かって夢や人生について本音を聞いてみたいなという興味もあった。また、過去の恋愛経験聞いたことがあるのですが、男運がなかったのか元彼とは外で遊んでもらったことがほとんどないという寂しい人生経験の持ち主。そういったことを事前にリサーチしていたので、群馬一のアイデアマンであり、エンターテイナーの僕が行く以上は、楽しい会話を心がけ彼女をハッピーにすることと喜ばせる幾つかの計画(アイデア)を胸に秘め旅立った。

たぶん人生のオリジナリティ思考の強い僕の恋愛感は、ほかの日本人にはまったく参考にならない。

ひねくれていてお調子者でロマンチストな僕。普通の結婚は無理。テレビドラマ化したくなるような自叙伝が書ける生き方を志向している男には刺激が少ない選択肢はない。(言っておきますが、人が羨むような恋愛して幸せになっている人も多いのもわかってます)。せっかく日本人も21世紀になってスポーツや文化で世界と勝負したり交流できる時代になっているのだから、島国根性を捨てて世界60億の中から愛する人を選ぶぐらいのグローバルな視点をもつのも悪くないなと思うし、自分にチャンスが巡ってきた今、前向きな30代を満喫するために先駆者に立候補してみるのも楽しい。もし、婚活に苦しんでいる人がいるとしたら、もっと世界に目を向けてみて、といいたい。

13時15分 JR高崎駅東口発 16時20分 成田空港第2ターミナル着の直行高速バス アザレア号に乗り、成田空港へ。高崎駅から第2ターミナルまで片道4500円。成田に着くと、思ったより空港が空いておりピークタイムを過ぎたのか拍子抜け。マスク着用が義務付けられてもいないのに、マスク姿の人々が右往左往していた。日本のテレビ局もインタビューに来ており、豚インフルエンザの影響を身近に感じる。

会社のツアーでの海外旅行(行き先は中国×2回)しか行った事がなく、海外ひとり旅行で空港にポツンと来ることなどないため、時間までロビーで事前に入念な下調べをして挑んだ出国までの段取りを反芻。

チェックイン時間が2時間前からとガイドブックに書かれていたため馬鹿正直にロビーで待っていた。そのときはYAMAHAのOasis Music Week中。東京音楽大学大学院在学の且田恭美子さんがアコースティックピアノを生演奏していたのを聴きながら待っていた。後から知ったのですが、チェックインは2時間前でなくても構わない。田舎者丸出し。

搭乗券は、楽天で入手した電子Eチケットだったので、パソコン画面を印刷したもの。初の海外旅行でアウェーな気持ちは高まるばかり。緊張の面持ちでJALの窓口で受付の女性に聞きながらチェックインを済ます。

読者の人はここまで読んで馬鹿だなぁ~とか思っているかもしれないが、ひとりで空港行って海外旅行の手続きしてみてください。本当に緊張するから。ただ自ら海外ひとり旅を経験してみると、出国や入国の手続きがちょっとめんどくさいだけで、別に問題ないなぁ・・・と思った。良い人生経験を積ませてもらいました。

JAL  B747-400

空港では飛行機に搭乗してから、ゴールデンウィークで滑走路が混雑しており、18時半搭乗、19時発のJAL649便のフライトが順番待ちで予定より少し遅れ、現地に着いたら夜22時過ぎ。台北 桃園国際空港の入国審査のブースは本来12ブースあるのに、この時間に稼動しているのは5つしかなく、外国人の方はすごい行列。台湾の人は、夜遅くまで店が開いているのに、空港の入国審査は終わるの早すぎ。

彼女に早く電話したいのに手荷物ではなくスーツケースのほうに携帯電話を入れているため、焦る焦る。荷物を手にして彼女と連絡がつき、“遅いよ。待ちくたびれた。”と言われ、平謝り。でも、声は笑ってたけど。いつも会話している優しい声に癒される。税関を抜けたのが23時前で、どこにいるのかなとキョロキョロしながらロビーのほうを見たら、心配そうな彼女を見つけ手を上げて気づいてもらう。はにかんだ可愛い笑顔。

過去に少し触れているかもしれないが、彼女は語学が堪能で日本人向けガイドの難しい資格も所持している。今回は、僕ひとりのためだけに3泊4日、言葉はもちろん、ガイドブックに載っていない現地の美味しいお店や情報、ホテルの手配や食事、電車、バス、タクシーの交渉や帰りのチェックインまでガイドしてくれて本当に感激した。しかも、いつもはパンツスタイルが多く日常でスカートは履かないと言う女性なのですが、僕とのデートにあわせてスカートを履いて迎えに来てくれて、その心遣いがうれしく、乙女心に鈍感な僕でも言葉にならないほど彼女の細やかな配慮がうれしかった。

読者の方にだけそっと教えますが、実は、彼女は僕が昨日帰った後も資料や写真を整理してくれて昼寝もしないでずっと日本に着くまで僕の帰りを待っていてくれた。そういう理由で、旅行記の文章も密かに参加。

空港で会った瞬間に、“この子が本当に好きなんだな~”とおもったのですが、その気持ちは最後まで一分も変わらなかった。当事者として浮かれた文章書いているの側面もありますが、第三者的に冷静な判断しても、人間的に尊敬できる素晴らしい女性。彼女は、たくさんの友人知人を持っていて、職場でも上司や同僚に好かれていることを考えても、彼女の辿ってきた人生であり他人への接し方が素晴らしいことを証明している。

正直、最終日に空港で最後に話したとき、声震えてマジで泣きそうになりました。僕も35歳なので、過去に恋愛経験もありますが、こんなに心に響いてくる経験今までなかった。それくらい僕がビックリ。

初日だけは外泊をしたことがないという彼女と一緒のホテルに泊まることになっており、荷物を置きにまずはホテルへ。もちろんホテルの手配も彼女が事前にしてくれていたので本当に頭が上がらない。向こうのバスはたて揺れが激しいのですが、車中でも、日本語、英語、中国語をまじえて、尽きることのない国際色豊かな会話。時差は1時間ですが、朝は群馬、夜は台湾にいて、なんだか不思議な気持ちで夢をみているよう。隣には彼女が微笑んでいて幸せを感じる。彼女と付き合うようになって気をつけているのは、嘘をつかないこと、約束を守ること、小さな幸せを積み上げていくこと。この3つを守っていくことを決めていて、それはなんとか守れていると思う。

1日目と2日目のホテルは、懷寧旅店。彼女が602号室で、僕が反対側の612号室。レートで1元=約3.3円。2泊して3400元ほどだったので日本の相場と比較するとまぁまぁ安い。中も綺麗。

台湾旅行001

台湾旅行002


早速荷物を置いて夜市に繰り出す。本来出かけようと思って予定を組んでいた士林夜市が飛行機の到着時間が遅れてしまい、ホテルの受付で違う夜市 寧夏夜市を紹介してもらい、そちらへ行くことに。タクシーに乗り、台北市内へ。

IMG_2559.JPG

夜市は、屋台街とでも呼べるところ。日本人はいないが、現地の人でにぎわっていた。鬍鬚張滷肉飯 鬍鬚張(ヒゲ張) で魯肉飯(ルーローハン) 大盛49元、小盛り26元を食べる。ご飯の上に野菜なしのチンジャオロースがのっている感じ?かな。正直、辛いか甘いかしかない中国の味付けで懲りていたが、台湾の味付けは日本の中華料理と中国の中華料理の良いところをミックスした感じで、醤油に近い調味料もあり本当に美味しい。

台湾旅行004

食べたもの

豬脚 55元 豚足の煮込み。柔らかく煮込まれた豚足は、ゼラチン質たっぷりで肌に良いが、僕は量が多く、味付けが薬っぽいのでこれはちょっとダメだったかも。少し残しました。

嫩豆腐 20元 油揚げを醤油で煮込んだもの。揚げ豆腐が好きなので、これは美味しくいただいた。オプションで甘いたれが出てくるが口に合わないので、飛行機の機内食から持ってきた塩をまぶして食べてちょうどいい感じ。おすすめ。

金針排骨湯 55元 骨付き豚肉と金針菜のスープ。普通に飲めた。美味しい。

台湾旅行003

そのあとで、夜市にある屋台で彼女にすすめられるまま春巻きを食べてみる。台湾の春巻きは、薄いクレープのような包みの中に何種類もの具材を選び、調味料でわさびなどを入れ撒いてもらう。甘いものをやめ、辛めの具材で作ってもらうがこれは本当に美味しい。女性であれば、1つ食べればお腹がいっぱいになってしまうほどのボリューム。

台湾旅行005

台湾旅行006

台湾旅行007

DSC_3723

最後に、デザートにグァバを1つ買い2人で食べた。グァバを切り分けてもらうときに、種を残すか選択できるが、僕らは取らないほうを選んだ。でも、僕は後で食べてみて取ったほうが美味しかったなぁ・・・と感じた。みかんの皮を剥いて食べる人と皮をつけたまま食べる人との違い?といったらいいのかな。好き嫌いがあると思う。参考までに。

PC211686

1日目は、夜市の散策を終えるとホテルに戻り、僕の部屋で手品大会。5つぐらい手品を覚えていき、彼女の目の前で披露。トランプと紐と輪ゴムを使った手品をした。ネタが途中でバレたのもあったけれど、とても喜んでくれた。夜遅くまで手品のやり方を教えたり、日本から彼女が喜んでくれそうなプレゼントを内緒で持っていて手品の途中で渡したり、長い1日目はそうして終わった。

【関連リンク】

手品のやり方を学んだサイト
手品のススメ
トランプ マジック の 種明かし & セロ
トランプ名人


このブログで取材して欲しいイベント調査リクエストや巷の流行に関する口コミ情報、エントリー記事として読んでみたいネタ(お題)はこちらまで。
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中
群馬デザインアート倶楽部
メルマガ深夜便シリーズはブログで取り上げきれない記事を数多の情報源の中から厳選し、書き下ろし編集後記と供にあなたの登録したメールアドレスにお届け。
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/966-38800b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。